南アルプス縦走(1984年7月)

投稿日: 1984年7月29日 | カテゴリ:『登山』>南アルプス

甲府からバスで広河原に入り、北岳から赤石岳まで南アルプスの核心部分を縦走した記録。私の山行では最長の距離であった。

1984年
 7月29日
  13:50~14:10 広河原
  16:45 白根御池小屋キャンプ地
 7月30日
  6:00 御池小屋 発
  9:30~45 北岳
  12:45~13:00 間ノ岳
  14:45 熊野平キャンプ場
 7月31日
  7:00 熊野平キャンプ場 発
  9:50~10:20 北荒川岳
  12:30~50 塩見岳
  16:45 三伏峠沢小屋
 8月1日
  6:15 三伏峠沢小屋 発
  8:30~45 小河内岳
 11:30~12:00 高山裏避難小屋
 15:45 荒川小屋キャンプ地
 8月2日
  6:10 荒川小屋 発
  8:40~9:00 赤石岳
  14:30 椹島

直線距離にして25km、総歩行距離にして約50kmはあったと思う。歩いてみればたいしたことのないように今では思う。天候が比較的安定していたこと、また登山道も思っていたより整備されていたことから平穏無事な山行として振り返ることができる。

7月29日

台風が南海上を通過中だったので7月28日の夜行出発を1日遅らせた。台風通過後は数日間天候は安定するだろうという見通しは見事に当たって29日から日本全国は快晴の夏空が広がった。しかし、この快晴がこの夏の記録破りの猛暑の走りだとは全くの予想外であった。山から下りてきたら昨年並みの涼しい日々が続いてくれないかな、などとかってな憶測をしたりしていたのだが、それは見事に打ち破られてしまった。
さて今年はスーパー林道が全面開通して広河原までバスが入ってくれる。おまけに下山口である椹島から畑薙までリムジンバスが出ている。入下山のアプローチが短縮されたことは有難い。広河原はこれが二度目。最初は、甲斐駒に登ったときに1回立ち寄ったことがある。林道開通でかなりの人が入山していた。仮設のつり橋を渡って白根御池への登りに取り付く。下山してくる人がめっぽう多い。
白根御池のキャンプサイトからは北岳バットレスが良く見える。一の倉や滝谷の陰湿な岩場を想像していたから一層、明るいすっきりした岩場に見えた。

御池小屋キャンプ場にテントを張る
(バックは北岳バットレス)
miike30.jpg
7月30日

キャンプ場を早めに出発して草すべりの急登に取り付く。かんかん照りのうえ、あまり飲み食いしていないので疲れがひどい。それでも北岳にはほぼコースタイムで着いた。北岳からは、夏の直射日光を直接受けながら、さながら「日干し街道」といった稜線を間ノ岳に向かった。暑さを除けばなだらかな路でコース自体はそれほど困難なところではない。ただ霧に巻かれたときは迷いやすいそうだ。そのために北岳稜線小屋の近くに位置を知らせる鐘が備えられている。

北岳稜線小屋の警鐘 南方から見た北岳
kita_kane30.jpg kita_back30.jpg

北岳~間ノ岳に比べて、熊野平付近は樹林帯に囲まれた静かなところだ。水も豊富な上に、なんといってもお花畑が素晴らしい。ああ山にきたなと長閑な気分になる。今日はここにキャンプを張ることにする。

熊野平付近のクルマユリ
kumano30.jpg
7月31日

熊野平から塩見岳への道はほぼ樹林帯を通っていて涼しい。また所々にお花畑があって目を楽しませてくれる。登山者も北岳~間ノ岳に比べてぐっと少なくなる。北荒川岳周辺の西面は崩壊地でルートはそこを避けて東側の樹林帯を巻いている。この辺りから見る塩見岳は美しい。北荒川岳近くの雪投沢のキャンプサイトは水さえ得られれば塩見や間ノ岳の眺めが良い絶好の場所だ。北俣岳への登りは急登であるが長い登りではない。
塩見岳頂上で50~60歳位と思われるお婆さんに会った。熊野平からきたのであろうか中々足の達者な人だ。仙丈から仙塩尾根を一日踏破してきた小学生2人連れのお父さんなど中々思い切った山行を立てる人たちがいて、少々尻をたたかれる思いだ。
三伏峠への途中で雷雨に会う。3日続きの晴天でエネルギーが蓄積されていたのであろう。一発耳元をかすめるバリバリという落雷があった。山の雷は光が横に走り、光るとほぼ同時に雷鳴が響く。
三伏の沢小屋は泊り客なし。食料調達などとんでもない。というのは、この頃になって食糧事情が心配になってきたからだ。計算してみると明日の荒川小屋泊まりの分でいっぱいみたいだ。椹島に一泊するとしたらここでの食料が足りない。椹島ロッジで食事を出してくれるかどうかが大変気になった。荒川岳から来る人にこの状態を聞きまわった。その結果、椹島はホテル並みの食事を出してくれる、ということだ。これで一安心。

北荒川岳から見た塩見岳
左後方は荒川岳と赤石岳
塩見岳
shiomi_en30.JPG shiomi30.jpg
8月1日

荒川岳への道はほぼ樹林帯の中を通っている。ルート・ファインディングにもう少し注意を要すると思っていたがちょっと気抜け。高山裏に至る辺りから霧が出てきた。今日も雷かなといやな予感がしてきた。高山裏避難小屋で休憩していたらゴロゴロ鳴り出した。他のパーティは皆ここで幕営みたいだ。僕も食料さえあればそんなに急ぐことでもない。前岳のガラ場の登りで一時小康状態であった雷がまたゴロゴロやり出した。この登りを登り切り、中岳と前岳のコルに至る稜線の通過が一番怖かった。ゴロゴロとくると岩場に身を隠す。雷が止むと足早に次の岩場に。なんといっても雷で飛ばされて荒川の大崩壊を真っ逆さまに墜落、ということが一番怖い。しかし、雷は頭上かなりの所で発生していたので、たかをくくってどんどん進む。コルに着いたときはほっとした気分で一杯だった。後は荒川小屋までお花畑の中を悠々と下る。

大聖寺平方面から見た荒川岳
arakawa30.jpg
8月2日

赤石岳へ。小赤石への登りがたいへんだった。長い縦走の疲れが出てきたのであろう。赤石岳の頂上は人で一杯だ。椹島までの長い長い下りをゆっくりと下る。椹島ロッジ近くまで来たところで土砂降りの雨にあった。雷も鳴り出す。ロッジについてほっとする。久しぶりに充実した食事がとれて全く幸せな気分になる。

赤石岳にて
akashi_p30.jpg

関連記事



コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)