槍ヶ岳-前穂高岳縦走(1984年9月)

投稿日: 1984年9月14日 | カテゴリ:『登山』>北アルプス

槍沢から槍ヶ岳、南岳、北穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳を縦走して上高地に下りた記録。キレートの通過がこの山行の核心部分。

1984年
9月14日
  15:30 上高地
  17:00 徳沢キャンプ場
9月15日
  6:30 徳沢
  14:30 槍の肩
9月16日
  6:30 槍の肩
  8:15~9:00 南岳避難小屋
  12:30~13:00 北穂小屋
  15:00 白出のコル
9月17日
  6:30 白出のコル
  7:10~30 奥穂高岳
  9:00~9:10 前穂高岳
  13:15 上高地

9月14日(曇)
9時頃長野県に大地震があったそうで特急が1時間40分も遅れてしまって今日は徳沢までしか入れない。徳沢にキャンプを張る。

9月15日(晴れのち霧雨)
槍の肩までは昨年同様、疲れが激しく何度か休みながらゆっくり登った。槍の肩は小雨で霧に煙って何にも見えない。夜は0度近くまでに冷え込んでいたと思う。しかし、眠れなかったわけではない。

9月16日(小雨)
槍の穂には登らずに先を急ぐ。眺望が期待できないし、既に何度か登っていたし、そしてなによりも今回の山行の核心部をキレートと決めていたからだ。槍の肩から南岳の間は全く危険な場所はない。南岳避難小屋で休憩させてもらう。相変わらず雨がしとしと降っている。キレートに入ることに大きな不安があったが、ここを通らないことには今回の山行の意味がない。大事をとるとすればここで1泊して天候の回復を待つということになる。しかし、岩の濡れているという悪条件の下での通過がまた意義のあるものと思われた。
振り返ってみると大して難しい岩場はなかった、と思う。鎖での確保が十分行き届いているのでまず落ちることはないであろう。しかし、岩陵歩きに慣れていない僕にしてみれば体力的にというよりも、緊張の連続で神経が疲れた。こんな時に8 mm の補助ザイルがあると心強い。ちょっと危ないと思ったところはすぐ出して使用した。
北穂から涸沢岳への縦走路にも気を使うところが数箇所ある。しかし、キレートのように緊張の連続というわけではない。数年前の5月にここを通ったときにはそれほど危険だとは感じなかった。あの時は晴れていたし、何よりも荷が軽かったからであろう。今回の山行の危険な核心部を通過しひとまず一安心。白出のコルにテントを張る。

9月17日(快晴)
今日は朝から快晴だ。常念岳のバックの雲海が茜色に染まってとても印象的であった。


関連記事



コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)