御岳山(2008年5月)

投稿日: 2008年5月27日 | カテゴリ:『登山』>奥多摩

久しぶりに山に登ってきました。心臓が心配だったので、安全を考えてアプローチが簡単な奥多摩の御岳山(みたけさん)を選びました。とはいえ、行きはケーブル・カーを使わずに丹三郎尾根から長い登りに挑戦してみました。

5月27日(晴れ)
8:10 古里
8:40 丹三郎尾根登山口
10:50 大塚山
11:30 御岳神社
12:00 長尾平展望台
12:30~13:00 ロックガーデン
13:20 ケーブル・カー駅

最後に登ったのはいつだったろうか、と思うほど長い間山に登っていなかった。今回山に登ろうと思った切っ掛けは、少し時間的余裕ができたこと、健康・体力も大分回復してきたこと、そして何よりも山への思いが強くなってきた、ということだと思う。ということで、ジョキングなどで体力を強化し、しまい込んであった登山用具を持ち出したりして準備を整えた。

立川から古里(こり)までは1時間ほどの行程。奥多摩線に乗ったのは、92年の鷹巣山が最後だったかもしれない。
古里駅の近くのセブンイレブンで食料を補給する。アスファルトの道を20分ほど下ると登山口に着く。丹三郎尾根はかなり急登だ。道は良く整備されていて、ごみなどは全くない。マナーの悪い登山者はほとんどケーブルのほうに行ってしまうからなのか。心臓に気をつけてゆっくり登ったが、息が頻繁に切れた。途中1回大休止を取ったが、大塚山の頂上には2時間ほどで到着。まあまあコースタイム通りだったので自分の体力について少し自信がついてきた。大塚山の頂上は木が茂っていてほとんど展望が利かない。

大塚山頂上

御岳山までは平らの道(御岳平)を30分ほど歩く。御岳神社に至る最後の道は急坂で大変だ。御岳神社付近は民宿、土産物屋がたくさんあって山の上の小さな門前町といった感じである。せっかく来たので御岳神社まで登りつめたが、宗教的関心のない人にとっては、これといって感動のあるところではない。僕のような登山目的の人は、1回訪れれば二度と来ようと思わないだろう。

御岳神社
宝物殿と畠山重忠の馬上像

長尾平展望台で小休止、サンドイッチで昼食を取る。調子に乗って大岳山まで登ろうと思ったが、心臓の調子が良くなかったので大事をとって途中で引き返す。まだ時間があったのでロックガーデンに寄ってみる。きれいな清流が流れていて、途中には滝などがあり、比較的山に来たなあという感じになる。神社に登るよりもこちらの方を優先した方がいいかもしれない。

長尾平から見た日ノ出山
長尾平から見た大岳山
ロックガーデン 綾広の滝
ケーブル駅展望台
展望台から見た東京方面

帰りはケーブルカーを利用して下りた。バスの待ち時間があったので、滝本から歩いて御岳駅まで下る。
今回の登山で、少し体力を強化すれば、ある程度の登山が可能であると解かったことが何よりも嬉しい。


関連記事



コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)