高水三山縦走(2008年6月)

投稿日: 2008年6月7日 | カテゴリ:『登山』>奥多摩

御岳山に続いて奥多摩の高水三山に登ってみた。体力・健康にはまだ心配があったが、なんとか全山縦走できた。

6月7日(晴れ)
8:10 軍畑
8:40 高水三山登山口
9:40 高水山
10:10~20 岩茸石山
10:55 惣岳山
12:00 御嶽駅

軍畑(いくさばた)駅からアスファルトの道を30分ほど歩くと登山口に着く。最初の階段状の急登を登りきると小沢に沿ってゆるい登りとなる。小沢はかなり上流まで続いているので水源付近で水を補給すると良いかもしれない。樹林帯の道をひたすら登ると1時間ほどで高水山(こうすいさん)にたどり着く。頂上は樹林帯の中にあって全く展望はきかない。

高水山頂

急坂を下ってなだらかな尾根道を辿り、最後の短い急登を詰めると途端に視界が開けて岩茸石山(いわたけいしやま)の頂上に着く。この頂上からは県界(東京都と埼玉県)に連なる山々が展望できる。三山では唯一展望がすばらしい頂上だ。

岩茸石山頂

次の惣岳山(そうがくさん)の頂上も樹林の中にあって展望はきかない。

惣岳山頂

この程度の低山の尾根歩きは、森林限界まで達していないので展望が利かないのは仕方ないかもしれない。だが、御岳山でもそうだがこの高水三山でもお寺が多いのはなぜなのだろうか。自然を満喫する目的で来ている登山者にとっては、なにかいつまでも町の中にいるみたいで興ざめしてしまう。頂上に大きなアンテナが立っていることもこの気持ちを助長する。この点では丹沢山塊の方が展望が比較的利いて、宗教的色合いは全くないので山らしい気持ちを味わえるかもしれない。


関連記事



コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)