プラグインWP-Multibyte-Patchを有効にできない

投稿日: 2009年5月6日 | カテゴリ:『ワードプレス』>トラブルシュート

WordPressのインストールが無事完了し、PCからアクセスし、ブラウザーで表示出来る状態になり、プラグインの設定に取り掛かったとき他のプラグインは「使用する」で有効になるのに、デフォルトでインストールされているWP-Multibyte-Patchだけが有効にならない場合があります。以下ではその原因と対処法について紹介いたします。

結論から言うと、原因は、php-mbstringプログラムがインストールされていないことにあります。

1. 原因の追求作業

この現象が起こった当初は全くその原因がわかりませんでした。他のプラグインを全て「停止」し、このプラグインだけを有効にしてみましたが無駄でした。ネットでその解決策を探してみましたが適当なものは見付かりません。
ただ、このプラグインのホームページには、次のような注意事項が載っていました。
「システム要件について
PHP の mbstring 系の関数を多く使用しています。プラグインが有効化できない場合はこれらがお使いのシステムで利用可能な状態にあるかご確認ください。」
ここからは、何らかのプログラムが欠けていることが推測されますが、具体的にはどのようなプログラムが必要なのかは解かりません。考えあぐねた結果、正常に稼動しているバックアップ・サーバーにインストールされているPHP関連のプログラムと当該サーバーのそれを比較してみる対応策を思いつきました。この結果、php-mbstringだけがインストールされていないことを発見しました。
早速このプログラムをインストールし、httpdを再起動させ、サイトを開いてこのプラグインの「使用する」をクリックしたところ、問題なく有効化されました。

2. 端末でのインストール

以下に端末でのこのプログラムのインストールのプロセスを示します。

[root@localhost ~]# yum -y install php-mbstring
......略

httpdを再起動する。
[root@localhost ~]# systemctl restart httpd

3. GUIでのインストール

GUIでは以下のようにphp-mbstringで検索し、チェックを入れて「適用」を押せばインストールされます。

php-mbstring-install

4. 教訓点
  1. Fedora 10をインストールする際にパッケージの選択画面でmysqlにチェックを入れてmysqlパッケージをインストールしましたが、この方法では、上記のプログラムやphp-mysqlプログラムはインストールされないようです。確かめてはいませんが、OSインストール時にmysqlをインストールせず、後からmysql-serverをインストールする手順を採った方がよいかもしれません。いずれにしても、php-mysqlとphp-mbstringがインストールされているか、確かめておく必要があります。
  2. 問題が起きたときに正常に稼動しているもう1つのサーバーと比較する方法は効力を発揮します。この意味でもバックアップ・サーバーを作成しておく必要があるかもしれません。


プラグインWP-Multibyte-Patchを有効にできない” への2件のコメント

  1. ピンバック: 徒労日記 » WordPressに引っ越しました

  2. ピンバック: Wordpressのプラグイン「WP-Multibyte-Patch」が有効化出来ない場合 | なんでも倉庫

コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)