WordPress 手動アップグレードの方法

投稿日: 2008年8月17日 | カテゴリ:『ワードプレス』>メンテナンス

WordPressは、現在、プロジェクトチームや一般ユーザーの協力で、頻繁にアップグレードがなされ、バグの修正や新しい機能が追加されています。そこで、Wordpressのアップグレードの確実な方法を私の経験に踏まえて紹介しておきます。

以下、Wordpressの古いバージョンがwordpressフォルダー配下にインストールされていてwordpressの独自の問題を除いて問題なく稼動していることを前提にします。

  1. 念のために全てのファイルのバックアップコピーをとっておきます。
  2. 次のデレクトリとファイルを除いて古いバージョンの WP ファイルを全て削除します。
    残すディレクトリ:wordpress/wp-content-このデレクトリの配下にはテーマ、プラグインや画像のアップロードのファイル、あるいはユーザーが独自に作成したディレクトリが配置されていますので削除しないでおきます。
    またこのディレクトリ以外のファイルで自分で変更したファイル(例えばja.moファイル)や新たにインストールしたファイル(例えばMy Category Orderプラグインの/wp-include/toxonomy.phpファイル)をメモしておきます。
    残すファイル:wordpress/wp-config.php このファイルを削除するとデータベースを再度設定し直さなければならなくなるので必ず残しておきます。
  3. 新しいバージョンのファイルを解凍し、サーバーにアップロードします。wordpressディレクトリをそのまま上書きコピーします。
  4. ブラウザで http://サイトのアドレス/wp-admin/upgrade.phpにアクセスします。すると次のような画面が現れますので、「Wordpressをアップグレード」をクリックします。


  5. すると次のような画面が現れますので、「続ける」をクリックします。


  6. 自分のサイトが表示されるので、adminでログインして各種設定(プラグイン動作の確認など)を行います。この際、上記でメモしておいた自分で変更したファイルや以前に追加したファイルを新たにインストールしなおします。

関連記事



コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)