日本語化 moファイルの作成法

投稿日: 2008年5月19日 | カテゴリ:『ワードプレス』>プログラムの開発と改良

WordPressの日本語化ファイル(ja.po)を編集し、バイナリーファイル(mo)を作成する方法を紹介いたします。

Windowsプラットフォーム

以下では、クライアントPCにPoeditがインストールされていて、PCのTextエディターを使用して編集することを想定して説明します。
ja.poファイルの漢字コードはUTF-8ですので、クライアントPCで編集する場合には、UTF-8の文字コードを直接読み込めるエディタを使用するか、適当なソフトを使用して(「文字コード変換ツール」など)Shift-jisにコード変換し、Windowsエディタで編集するかの方法があります。私の場合には、UTF-8を読み込めるエディタTeraPadを使用しています。このソフトは、Vectorのサイト(TeraPad)からフリーでダウンロードできますので、こちらの方法を使用したほうが、簡単かつ確実だと思います。

  1. poファイルを適当なエディタで編集します。
  2. 編集したpoファイルをPoeditで読み込み、「ファイル」-「保存」を選択すれば自動的にja.moファイルが作成されます。これをサーバーの同じディレクトリに転送してください。

Linuxプラットフォーム

  1. geditやviなどのエディタでpoファイルを編集します。
  2. コマンドラインから以下のようなコマンドを打ってmoファイルを作成します。
  3. 例えば、/root/testに編集したja.poファイルを保存したとします。

    [root]# cd test
    [root@test]# ls
    ja.po
    [root@test]# msgfmt ja.po -o ja.mo
    [root@test]# ls
    ja.po  ja.mo
    


日本語化 moファイルの作成法” への5件のコメント

  1. wordpressを使い始めたばかりですが、翻訳された一部箇所の訂正を試みるも、poファイルの更新でつまずきあきらめていましたが、この記事を発見しようやく解決。ありがとうございました。

  2. ピンバック: デフォルト日本語表示の変更selatan | selatan

  3. ピンバック: Welcart営業日カレンダーの文言変更 | [Welcart]デザインテーマSHOP

コメントを残す




空欄に計算式を満たす数値を記入してください(必須)