書き込みが禁止されているファイルの修正

Windows 7 または 10(64bit版)で特定のファイルを編集しようとしてエディタなどで開こうとすると以下のようなメッセージが出て編集不可になります。

このような不具合が起こるのは、当該ファイルの所有者が不明なものになっていることが原因です。以下その対処法について説明します。

  1. 当該ファイルを右クリックし、「プロパティ」を開きます。
  2. 「セキュリティ」タブを選択します。

    FT2

  3. このウィンドウの右下にある「詳細設定」を開きます。
  4. 次のウィンドウの「所有者」欄の末尾にある「変更」ボタンをクリックします。

    FT3

  5. 開いたウィンドウの「選択するオブジェクト名を入力してください」欄に自分のユーザー名を入力し、「名前の確認」をクリックします。フルユーザー名が表示されたら「OK」ボタンをクリックします。

    FT4

  6. 次のウィンドウで、所有者が変更されているのを確認して「OK」を押します。

    FT5

  7. 戻ったウィンドウで、「編集」ボタンを押します。
  8. この段階で不明なエントリを削除できます。不明なエントリを選択して「削除」ボタンを押します。

    FT6

  9. 不明なエントリをすべて削除した後、「追加」ボタンを押して、自分のユーザー名を記入し「OK」ボタンを押します。
  10. 自分のユーザー名がエントリされていることを確認します。

    FT7

  11. 自分のユーザー名を反転させて、アクセス許可をフルコントロールにして「OK」ボタンを押します。
  12. 以降、ファイルにアクセスしても以前の書き込み不能の表示がでなくなり、ファイルへの書き込みが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です