Fedora 23へのアップグレードとトラブルシュート

これまでUpgradeに使用されてきた「fedup」は、F23から「dnf」に移行しました。
Fedoraシステムを22から23にアップグレードするには次のコマンドを入力します。

まず、現行のOSのアップグレードを実行します。

[root@localhost ~]# dnf upgrade

アップグレード用のdnfプラグインをインストールします。

[root@localhost ~]# dnf install dnf-plugin-system-upgrade

Fedora 23のファイルのダウンロードは以下のコマンドを実行します。

[root@localhost ~]# dnf system-upgrade download –releasever=23

Fedora23のダウンロードが開始されます。
ダウンロードが終了すると次のような画面になります。

….
Complete!
Download completed! Use ‘dnf system-upgrade reboot’ to start the upgrade.
The download packages were saved in cache till the next successful transaction.
You can remove cached packages by executing ‘dnf clean packages’.
[root@localhost ~]#

インストール作業を開始させるには以下のコマンドを実行します。

[root@localhost ~]# dnf system-upgrade reboot

インストールが終了するとメニュー画面になります。適当なオプションを選択してFedora 23を起動させます。(この選択画面をパスしても自動的に最新OSで起動されます)
不具合がなければ、次のようなコンソールのLogin画面が立ち上がります。

Fedora 23 (Server Edition)
……..
……..
localhost login: _

参考サイト:
DNF system upgrade

インストール後のトラブルシュート
1. Firewalldの無効化に注意

Firewalldの無効化手順は、F22以前のものとは異なっています。次のようにrolekitを追加して実行する必要があるようです。

[root@localhost ~]# systemctl stop firewalld
[root@localhost ~]# systemctl disable firewalld rolekit
[root@localhost ~]# reboot
再起動後
[root@localhost ~]# systemctl status firewalld
● firewalld.service – firewalld – dynamic firewall daemon
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; disabled; vendor preset: enabled)
Active: inactive (dead)

参考サイト:
SeverWorldファイヤーウォールの設定

2. Awstatsに関するエラー

下記のようなエラーがFedora 23へのアップグレード以降、HTTPDのerror.logにawstatsにアクセスするたびに表示されました。

[Fri Jan 01 15:21:03.884394 2016] [cgi:error] [pid 19123] [client 192.168.11.3:50146] AH01215: Unescaped left brace in regex is deprecated, passed through in regex; marked by <-- HERE in m/\\"%{ <-- HERE Referer}i\\"/ at /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl line 8986.: /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl
[Fri Jan 01 15:21:03.884501 2016] [cgi:error] [pid 19123] [client 192.168.11.3:50146] AH01215: Unescaped left brace in regex is deprecated, passed through in regex; marked by <-- HERE in m/\\"%{ <-- HERE User-Agent}i\\"/ at /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl line 8987.: /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl
…….
…….

これを訳してみると、
「Awststs.plファイルにおいて指定されている行には不適切な左・中カッコ( { )があるが、これはperl新バージョン(5.22.1 ?)では廃止予定のコードである」
よって当該行の左ブレイスをコメントアウトしてやります。
こうすると、error.logには上記のメッセージは出なくなります。

3. LogwatchにKernel AuditのUnmatched Entriesが多数表示される

F23の基本的設定を一通り行った後、システムの診断ログであるログウオッチをインストールし、毎日一回出力するように設定しました。しかし、そのログ表示に次のような多数のKernel Audit Unmatched Entries(100項目)が表示されるようになりました。

——————— Kernel Audit Begin ————————

**Unmatched Entries** (Only first 100 out of 552 are printed)
pid=1 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 msg=’unit=sa-update comm=”systemd” exe=”/usr/lib/systemd/systemd” hostname=? addr=? terminal=? res=success’
pid=11683 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 msg=’op=PAM:accounting grantors=pam_access,pam_unix,pam_localuser acct=”root” exe=”/usr/sbin/crond” hostname=? addr=? terminal=cron res=success’
pid=11683 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 msg=’op=PAM:setcred grantors=pam_env,pam_unix acct=”root” exe=”/usr/sbin/crond” hostname=? addr=? terminal=cron res=success’
pid=11683 uid=0 auid=0 ses=194 msg=’op=PAM:session_open grantors=pam_loginuid,pam_keyinit,pam_limits,pam_systemd acct=”root” exe=”/usr/sbin/crond” hostname=? addr=? terminal=cron res=success’
……
……

この多数の表示がなされるようになったのは、F22からだと思います。その原因が、FedoraのKernelにあるのか、Logwatchにあるのかわかりませんが、他のログを点検するのに煩わしいので、このAuditの表示を無効にしました。その方法を紹介いたします。
/usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.confを開いて、以下のようにAuditサービス無効のスクリプトを挿入します(アンダーラインの部分)。

Service = All
# You can also disable certain services (when specifying all)
Service = “-zz-network” # Prevents execution of zz-network service, which
# prints useful network configuration info.
Service = “-zz-sys” # Prevents execution of zz-sys service, which
# prints useful system configuration info.
Service = “-eximstats” # Prevents execution of eximstats service, which
# is a wrapper for the eximstats program.
Service = “-zz-fortune”
Service = “-smartd”
Service = “-audit”

以上で多数行にわたるKernel Auditの表示はなくなります。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です