Fedora 23にアップグレードしました

本日(12月29日)、サーバーのOSをFedora22から23(64bit版)にUpgradeしました。
1時間ほどで終了し、その後若干のトラブルがありましたが、現在は順調に稼働しています。詳しい情報については、以下の記事を参照してください。
Fedora23へのアップグレードとトラブルシュート

書き込みが禁止されているファイルの修正

Windows 7 または 10(64bit版)で特定のファイルを編集しようとしてエディタなどで開こうとすると以下のようなメッセージが出て編集不可になります。

このような不具合が起こるのは、当該ファイルの所有者が不明なものになっていることが原因です。以下その対処法について説明します。
続きを読む

サーバー・マシーンの補強

現在サーバーとして使用しているマシーンは自作コンピュータです。このコンピュータは、既に10年近く稼動を続けていて、ところどころ不具合が発生してきました。
そこで以下の点を改良しました。
① CPUクーラーの交換
数年ほど前からファンが唸りだすようになりました。それほど大きな音でもなく、CPUの温度も危険領域に達することもなかったので放置しておきました。しかし、住まいの環境が変わって唸り音が気になり始めたのと、CPUへの悪影響を考えて交換することにしました。製品は、楽天市場で見つけた、「GELID Solutions CPUクーラー Siberian CC-Siberian-01」というクーラーです。Intel純正のクーラーも中古でいくつかありましたが、中古だと短期でまた騒音が発生する危険性があるので互換品ですが、新品を購入しました。説明書は英語で親切なものとは言えませんが、大体の要領は理解できました。設置時間は、検討時間も含めて1時間はかからなかった、と思います。手順の不具合もなく無事交換することができました。交換後、稼動してみると、気にかかっていた唸り音は全くなくなって、マシーンが稼動しているかどうかわからないほどの静かさです。CPU温度も30~40度程度に保たれています。クーラーの評価は長く使用してみなければその真価はわかりませんが、現在の所、満足しています。
② システム・クーラーの追加
これまでは、ケース内の排気は電源ファンのみに頼ってきました。ハードデスクは、専用のクーラーを下部に設置して温度上昇を防いでいました。今回、CPUクーラーを替えたこともあってその効率を増すためにケース・ファンを設置しました。楽天市場で見つけた製品で、「ENERMAX PCケースファン TBサイレンス 8cm UCTB8」です。固定ねじがタップ兼用のねじだったので少々戸惑いましたが、すぐにそれと認識できました。説明書はついていませんでした。これも思っていたよりも音が静かで、近くで耳を澄ますとファンの風音が聞こえてくるぐらいです。ハードデスクの温度も33度C程度に保ってくれています。

Fedora 21 64bit版にアップグレード

サーバーのオスをFedora 20(32ビット版)からFedora 21(64bit版)にアップグレードしました。
サーバーマシーンのCPUが64bitに対応しているかわからなかったので、これまでは32bitのOSで稼動していました。CPUはPentium 4(3GHZ)で購入時期は2006年11月だったのでかなり新しい世代のPentiumだとは考えていましたが、型番の特定はできませんでした。そこでテストケースとして64bitをインストールしてみました。インストール経過も順調で無事成功しました。現在の所、32bitのときと同じようにうまく稼動しています。

wp-postviewsのリセット時に不具合

私用で色々忙しかったので、1月20日に恒例のpostviwesのカウントのリセットを行いました。しかし、前のアクセス・カウントが表示されるなどの不具合が起こりました。Versionは、1.69だったと思います。phpMyadminでデータベースにログインし、カウントを全消去しました。前のカウントは出現しなくなりましたが、今度はアクセス回数が記事によって正確にカウントされなくなりました。また、httpdのerrorログに例のinternal server errorが出るようになりました。プログラムの前段部分に例のprefixを挿入してみましたが、errorは消えましたが、カウントは正確に表示されません(postviewsの不具合については次の記事を参照してください。WP-postviewsの不具合の解決法)。
結局、Version 1.60に戻し、SuperCache用のAjaxをインストールしたところ正常に動くようになりました。
Wordpressの新バージョンとの相性もあるかと思いますが、このセッテングで走ってみます。

プラグインWP-postviewsの日本語翻訳ファイルを作成しました

WP-postviewsの使用方法については、以下の記事において詳しく紹介してあります。
プラグインPostViewsのインストールと使用法
今回は、添付されている翻訳用potファイルを元に日本語poとそのバイナリーファイルのmoファイルを作成しました。
以下のzipファイルをダウンロードし、解凍してください。すると、次の二つのファイル(wp-postviews-ja.moとwp-postviews-ja.po)が現れますので、サイトのプラグイン・ディレクトリ=wp-postviewsに直接コピーしてください。
wp-postviews-ja.zip
ユーザーのサイトにLoginしてダッシュボードの「設定」→「Postviews」にアクセスしてみてください。設定項目が日本語化されているはずです。
[注意]postviewsのバージョンは1.60で確認しています。それ以降のバージョンについては、翻訳されない部分があるかもしれません。

Mobilizerの使用法を解説した記事を掲載しました

スマートフォーンの普及が進んで、ウエブサイトもこれへの対応が必要になってきました。本サイトも2014年5月にWptouchを利用してスマートフォンに対応できるように改良しました(「ホームページをSmart Phone + iPhoneに対応させました」)。
更にスマホへの対応を促進するために、改良の結果を確認できるシュミレータ・ソフトの導入も検討しました。色々探してみましたが、Mobilizerというソフトが実際のスマートホーンに一番近いシュミレーションをしてくれることが解りました。このソフトのこれまでの使用経験にふまえて、そのインストールと使用方法を解説した記事を作成してみました。以下の記事を参考にしてください。
Mobilizer(スマホ・シュミレータ)の使用法

Mobilizer(スマホ・シュミレータ)の使用法

スマートフォーンの普及が進んで、ウエブサイトもこれへの対応が必要になってきました。本サイトも2014年5月にWptouchを利用してiphoneに対応できるように改良しました。
関連記事:「ホームページをSmart Phone + iPhoneに対応させました」
私のようにSmartPhoneを持っていないウエブサイトの管理者は、サイトの改良結果を点検できるソフトがぜひとも必要になります。色々探してみましたが、Mobilizerというソフトが実際のスマートホーンに一番近いシュミレーションをしてくれます。以下、そのインストールとサイト構築に焦点を当てたその使用方法について紹介いたします。
続きを読む

Collapsing Archivesプラグインの日本語版を作成しました

Collapsing Archivesプラグインの使用方法は、既にアーカイブの拡張・縮小表示可能なプラグインで説明してありますが、ユーザーの使い勝手を良くするためにオプションページの日本語訳を試みました。以下の記事を参照してください。
Collapsing Archives プラグインの日本語版