PHP-Xcacheのインストールと設定方法

PHP-Xcacheは、PHPの実行ファイル(opcode)を物理メモリーに保存し、PHPスクリプトのコンパイル時間を省略することによって、PHP関連のアプリケーションの処理速度を加速させるプログラムです。Fedora18でのインストール方法を紹介いたします。
続きを読む

Fedoraサーバーにおけるバックアップの方法

本稿では、システム全体の再現に必要な部分的バックアップの方法について紹介いたします。システムがハングアップした場合には部分的修復を行い、それでもだめな場合にはインストール・ディスクによってシステムを再インストールすることを前提にしています。
続きを読む

Fedoraサーバーで複数のUSBを使用する方法

Fedoraサーバーにおいて、ランレベル5(gnomeなどのGUIインターフェース)でUSBのマウント操作を行う場合には、USBをソケットに差し込むだけで自動認識してくれます。以下では、レベル5でのマウント・プロセスを参考にしながら、ランレベル3(PuTTYなどの端末)でUSBハードディスクとUSBメモリーを操作する方法を紹介いたします。
続きを読む

PHP-eacceleratorのインストール

[追記]
このソフトウェアは、F18(PHP 5.4.)では使用不可となりました。このソフトを使用しないと表示速度は確かに落ちている感じです。PHPの新バージョン(5.4)に適用可能なバージョンがリリースされることを願うしかありません。(2013年6月20日)
新バージョンに期待していましたが、すぐにはリリースされないようなので、他の同等のアプリを探しました。XcacheがPHPの最新バージョンに適合していましたので、これをインストールしました。(2013年7月10日)
関連記事:PHP-Xcacheのインストールと設定方法

PHP-eacceleratorは、サーバーにおけるPHPの処理速度を加速させるプログラムです。Fedora9-RPMでインストールする方法を紹介いたします。
続きを読む