Collapsing Archives プラグインの日本語版

Collapsing Archivesプラグインの使用方法は、既にアーカイブの拡張・縮小表示可能なプラグインで説明してありますが、ユーザーの使い勝手を良くするためにオプションページの日本語訳を試みました。
続きを読む

アーカイブの拡張・縮小表示可能なプラグイン

アーカイブをカテゴリー毎に表示できるプラグイン がWP-4.0ではうまく働かなくなったので、これに代わるカテゴリー選択可能なアーカイブ表示ができる新しいプラグインを探す必要が出てきました。
プラグイン・ページで適当なプラグインを検索したところ、次のような候補が見つかりました。
① Collapsing Archives
② jQuery Archive List Widget
続きを読む

WP-postviewsの不具合の解決法

2012年5月23日にプラグインwp-postviewsの自動アップグレード(1.40→1.61)を行ったところ、アクセス記事のカウントが更新されなくなる、という不具合が発生しました。旧バージョン(1.40)に戻したところ問題なく動作していましたので、新バージョンの不具合の原因についてはあまり真剣に追求しませんでした。それでも、バージョンを辿っていくうちに、バージョン1.60が正常に動作することに気がつきました。そこで1.60とそれ以降のバージョンの違いを確認することで不具合の解決法を見つけ出すことにしました。
続きを読む

ページでPHPの実行を可能にするプラグイン-PHP execution

記事やページ内でPHPコードの実行を可能にするプラグインは、runPHPが有名です。私もCPLやその他のプラグインをページで使用可能にするためにこのプラグインを使用していましたが、不具合もあり、バージョンがUpdateされる模様もないので同機能のプラグインを探していました。期待していた性能をもったPHP executionというプラグインを見つけましたので紹介いたします。
続きを読む

タグスラグを基準にした記事分類システムの開発-(2)

タグスラッグを基順に記事を分類できる関数にquery_posts()があることを知りました。スラッグ分類システムをより洗練されたものに仕上げるために、この関数を利用して、ページや記事内でスラッグを基準にして最新記事を表示できるプログラム(runPHPと共に使用)を作成してみました。記事の内容は、開発プロセスに従って時系列的に述べられていますので、実用性を重視する方は、「4.関数のプラグイン化」から読み進んでください。
続きを読む

タグスラッグを基準にした記事分類システムの開発-(1)

WordPressのカテゴリーやタグには半角英数文字で表示されるスラッグ(slug)が付加されています。このスラッグを記事分類の識別子として使用することが出来れば、カテゴリー分類を更に詳細に分けて処理することが出来ます。またその他にも有用な使用法が見出されるかもしれません。本稿ではこのスラッグを活用して記事を処理できるシステムの構築を目指しています。
続きを読む

タグスラッグ毎に最新記事を表示できるプラグイン

カテゴリーや投稿日時ごとに分類して最新記事を表示するプラグインはたくさんありますが、タグを基準にして最新記事を表示してくれるプラグインは少ないようです。本稿では、タグ・スラッグによる新しい分類方法を取り入れている「Category Tag Article List」というプラグインを紹介いたします。
続きを読む

プラグインCPL-最近のコメント表示の改良

WordPressのプラグインであるCPL(customizable-post-listings)のマニュアルVer.201で紹介しているコメントの表示方法(「C. 最近掲載されたコメント」)は、最新のコメントが掲載された記事+その記事の最新のコメント1件という仕様です。これを改良して、対象記事に複数のコメントが含まれている場合には、複数のコメンテータを表示できるようにしました。
続きを読む

プラグイン「Get Recent Comments」の使用方法

このプラグインは、コメントを表示するための多くの便利な機能を備えています。以下ではこのプラグインの使用法とマクロ機能を駆使して表形式でコメント一覧を作成する方法を紹介いたします。
続きを読む